神奈川県からの引越し見積もり|安くする方法

神奈川県から全国の主要都市への引越しを予定されている方へ、
このサイトでは、神奈川県から全国の主要都市の引越し概算見積もり額と、
引越し費用を安くするための見積もりの方法をご紹介しています。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

神奈川県から全国の主要都市の引越し概算見積もり額

 

神奈川県から全国の主要都市への引越し概算見積もり額は、
このページの下の方にある、各引越し先別のページからごらんください。

 

神奈川県内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
神奈川県内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
神奈川県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
神奈川県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、神奈川県内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

もちろん引越しの費用は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

自際の引越し見積もりは、引越し先までの距離、
荷物の量、搬出・搬入のしやすさ、サービス内容
といったことによって違ってきます。
また、引越し業者によっても見積もりは違います。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■引越料金の見積もり
引越し業者をどこにするかなんですが、どこの引越し業者がいいんでしょう?いくつかの業者に料金を聞いてから引越し業者と契約をするのがよいでしょうね。というのは、料金は業者によりかなり差があるのです。引越しの見積もりによって、どのくらいの料金で引越しできるのかどんなサービス内容になっているのか、比べることでベストな選択ができます。前もって見積もりをしてくれるのは、通常はどこの引越し業者でもそうしています。引越しの見積もりにはまずは、引越し会社に電話をして、見積もり依頼をして、予約しておいた日に引越し会社の人に家に来てもらいます。どうやって引越し料金を計算するかは、だいたいどこでもいっしょではないかと思いますが、荷物全体の容積がどのくらいになるのか、荷造りは業者に頼むのか、自分でするのかなどを確認します。そして引越し先の距離や何階か、エレベーターはあるかなど、などから、トラックの大きさや作業人員を見積もりして金額を計算します。見積を提出してもらったら、各社を比較して依頼する業者を選ぶのですが、数社見積もりをしてもらうことで、サービス内容がだいたいいっしょであれば、金額によって業者を選ぶということになると思いますし、値段にたいして差がなくてもサービス内容の一番よい業者を選ぶことができますので、どちらにしても見積もりを比べることで、お得でサービスのいい引越し業者に頼むことができます。

 

■引越しの見積もり比較
引越し料金って業者によってけっこう違うんですよ。引越し見積もりを比べてみるといいましても、そのあたりに違いがあるかということですが、まず、見積もりを比較する場合には、値段を比べるのは値段だけでなくサービスの面でも比較してみなければなりません。例として、引越し会社各社から見積書をもらったら引越しプランが同じであってもダンボールやガムテープの他にも、ハンガーボックスがつくのか、梱包材料はどんなものまで含まれるかも引越しの見積もりを比べる場合にはチェックポイントになります。中には、引越しの見積もりをしただけで、お米とか、何かのプレゼントがあるとか、というキャンペーン中だったりとかタンスの中身はそのままでいいという業者もありますし、タンスの中の衣類などは出しておかなければならないこともあります。引越しの見積もりは1社だけでなく、何社かに見積もりをしてもらって、価格とサービスの両方を比べてみるのがいいですね。見積を比較することによって、価格が安いのはどこであるか、サービスがよいのはどの会社なのかが、比較検討することができます。ですから、比べてみると業者によってかなり差があったりすることも多く、何社が比べてみると、どこに頼むのがよいのかわかります。

 

■引越し料金の仕組み
引越し料金はどのように計算されているかということですが、引越し料金の内容についてなんですが、運送料と人件費、梱包費と交通費、保険料などの合計が料金になります。まず引越し料金の中の運送費ですが、運送費は運賃と作業の料金が含まれています。トラックの大きさはどのくらいのものが必要か作業量はどのくらいの時間になるのかどのくらいの距離荷物を運ぶのかによって、引越し料金の金額は変わってきます。引越しのトラックが大きければ大きいほど引越し料金は高くなりますし、さらに、引越しに使用するトラックの台数が多くなるほど引越し料金の金額は高くなりますし、もちろん、引越し先が遠ければ遠いほど引越し料金の値段は高くなりますし、それから、人件費といいますのは、これは作業に必要なスタッフのことで必要な作業員の数が多ければ多いほど引越し料金は高い価格になります。そのつぎは梱包費と交通費につきましては梱包費はダンボールをはじめとする梱包材料や梱包作業が含まれます。交通費については高速料金などですから使わなければかかりません。最後に引越しの保険料は、保険があるのかないのかを確認しておきましょう。荷物が破損したりなどがあった場合に、保険がかけられているかどうかは重要なポイントになります。引越し業者の料金はこういったものの合計になっています。引越し料金は、同じようなサービスでも業者によってけっこう違いますので、3社くらいを比較をしてお得な業者を選ぶのがよいと思います。

 

■引越しのオンライン見積もり
引越しのオンライン見積もりについて紹介したいと思います。インターネットを利用して引越しの見積もりを依頼するには利用方法は、連絡先や必要な事項を入力して送信すると簡単な入力作業一回だけで、同時に複数の引越し業者に見積もりを依頼することができるのがこの一括見積比較サイトの特徴です。沢山の業者に見積もりを実際にしてもらおうと思うとなかなかめんどくさいですが、これを利用すれば、こちらからの連絡は一回でいいので、最近では知名度もあり、利用する人の人数も大変多くなっています。しかし、この見積もりを利用しただけでは、だいたいの目安としての料金だけで、正式に引越し料金を見積もりしてもらうには、実際に訪問してもらって見積もりをしてもらわなければなりません。オンライン見積もりのメリットとしては、一回の入力作業で、まとめてたくさんの会社に見積もり依頼できる点で、自分が知らなかった引越し業者からも見積もりをもらうことができます。各引越し業者を比較することによって最もお得に引越しができる業者がわかりますから、最もお得な会社に引越しを依頼することができることです。実際に引越し料金は業者によってかなり違いますから、安い引越し業者を選びたい方には絶対におすすめですね。

 

■引越し業者の種類
引越し業者をどうやって選ぶかということについてなんですが、引越し業者といってもいろいろな引越し業社があります。テレビCMで聞いたことがある大手の引越し業社だったり中堅の引越し業社もあると思います。引越し専門以外でも、多くの運送業者が引越し業務もしています。そのように多くの業者が引越し業社にはありますがどの引越し会社を選ぶのがよいのかは、自分の引越しに合った業者を選べばいいと思います。例えば、自分一人で引越しをするような場合、最近は、家具や家電がすでに用意されているような賃貸物件もありますので、このような部屋に引っ越しをする場合、作業員の人数も必要ありませんので、軽貨物運送業者の引越しサービスを利用すればいいということになります。その他、独身者の転勤などの場合でも、大手の引越し業社の単身パックのようなサービスがありますので、そのようなものを頼めば、わりと簡単に単身の引越しをすることが出来ます。こんなように、引越し会社を選ぶには自分の荷物の量や内容などに合わせて考えるのがいいと思いますし、また引越し業者によって料金も違いますから、3社くらいの引越し業者に見積もりをしてもらって価格を比較して選ぶ他にもどこまでのサービスが含まれるのかも確認して、最も条件のよい引越し業者に依頼するのがよいですね。

 

 

■引越しのスタイルで業者を選ぶ
引越し業者に引っ越しを依頼する場合には、自分の引越しがどんな内容かによって、引越し業者の選び方も変わってくると思います。例として、一家そろって引越しをするような場合、家族が多いということは、沢山の荷物がありますから、引越しもそれなりに大仕事になります。子供が小さければ、引越しの間もほったらかしにはできないですし、家族全員で引越しをする場合は、作業量と、どれだけ手間をかけることができるかで、引越し業者を選ぶという方法があります。子供がまだ小さい家庭ですとか、お年寄りがいる家の引越しの場合では、引越しの準備もなかなか大変ですし、家族も仕事が忙しい場合では、夜や休日など、仕事が終わってから引越しの準備をするわけで、思ったように作業もはかどりません。このような状況であれば、引越し業者を選ぶときにはお任せパックのような梱包も手伝ってくれるようなサービスのある引越し会社とそのサービスを依頼すれば、引越し準備の負担が減って楽になると思います。単身での引越しでしたら、荷物も一人分しかありませんので、家族の引越しなどの場合と比較すれば、そうたいした荷物や作業の量もないのではないかと思います。単身パックや一人暮らしパックがある引越し業者を選べばわりと簡単に、比較的安い料金で引越しできると思います。大人数の引越しと違って、単身でしたら荷物も多くないので、その点も考えて引越し業者を選ぶようにすればいいのではないでしょうか。

 

■引越し業者ランキング
引越し業者のランキングってみたことありますか?今、引越しの業者をどこにしようか考えている人には、とても役に立つものではないかと思います。引越し業者ランキングで上位にランクされているところは、実際に、良心的な、価格やサービスの業者が多いと思います。このランキングは、どこで掲載されているかというといわゆる比較サイトというような、一括で見積もりできるようなサイトで紹介されています。例えば引越し業者のランキングでは価格の安いランキングですとか、営業や、サービス対応がよい業者の評価や、引越し作業員の態度がよいかといった評価、スピード、サービス全体などを見てそれぞれ、総合、項目別にランキングされています。これから引越しをしようと考えている人は、見積もりをどこでお願いしようかと迷っている人は、多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場合には、引越し業者のランキングを参考にすれば、かなり参考にすることができて、役に立つものだと思います。ランキングだけでなく、口コミや感想なども掲載されていて、実際に利用した人の意見ですから比較的安心して信頼できる情報だと思いますから見ておきたいものだと思います。

 

■単身引越し
自分ひとりで引越しをする場合は、単身引越しパックのようものが便利です。独身者や学生など、自分ひとりで引越しですと、家族で引越しをする場合とは、だいぶ事情も違ってきます。独身者の引越しの場合は、大型の家電や家具はないですし、荷物も自分の分だけですから、それほど多くならないでしょう。自分一人で引越しする場合は、家族プランのようなダンボールを必要なだけ無料サービスといったこともそれほど必要ではないでしょう。それよりも、引越し作業の価格をもっと安くやってもらった方がいいという人が多いと思います。自分一人でひっこしするなら、荷造りなんかもわりと簡単で大丈夫でしょうし、引越し先まで、引越し業者のトラックの助手席に乗って行けるというサービスもあるので、そちらの方が便利ではないでしょうか。独身者や単身赴任の場合はそれに合った、また、学生の引越しには学生向けになっているような引越しプランもありますので、そのプランで頼んだ方が、料金も安く済みますし、それ用のコンテナなども用意されているので便利だと思います。いろいろな引越し業者が単身引っ越しパックをやっていると思いますので、一度、各社の内容を見比べてみて、価格とサービス内容の両方から見て、気に入ったところを探してみるといいかもしれませんね。単身引っ越しは、家族の引越しのように大変でもないので、それほど料金も高くならないでしょう。

 

■引越しのらくらくパック
引越業者のらくらくパックというサービスがありますが、引越しのらくらくパックというのは各引越し業者でもパンフレットにありますが、プランの呼び方であったり内容は、少々違っているかもしれません。例えばクロネコヤマト引越しセンターの場合は引越しらくらくパックという名前になっていたと思います。日本通運の場合は、ゆうゆうこんぽと呼ばれていたと思います。松本引越しセンターでしたらおまかせコースという名前のプランになっています。引越会社のほうで小さな荷物の荷造りも荷物の搬出から搬入まで荷解きから家具の設置まで任せることができる引越しをすべてプロに任せてしまうサービスというのがこのらくらくパックです。引越しの作業のかなりの部分を業者がやってくれるパックですが、荷造りをする前の荷物の仕分けなどに関しては、自分がしておくべきことはあると思います。引越しのらくらくパックのサービスで、荷解きまでやってくれるサービスだったとしても荷解きしてダンボールなどを回収してくれますが、そこから先の、荷物の整頓などは自分でします。しかし基本的な引越プランと比べて少々割高ではありますが、通常こちらでする作業も業者がやってくれますし、実際に、楽に引越しができるのは間違いないですね。小さな子供がいる人などはなかなか手が離せなかったりしますから多少は料金が高かったりしても、楽に引越しできてよいですよね。

 

 

神奈川県内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
神奈川県内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
神奈川県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
神奈川県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、神奈川県内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

もちろん引越しの費用は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

自際の引越し見積もりは、引越し先までの距離、
荷物の量、搬出・搬入のしやすさ、サービス内容
といったことによって違ってきます。
また、引越し業者によっても見積もりは違います。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■自分で引越し
引越しするのに特に引越し屋さんに頼まなくても大丈夫と考えてる人も一人暮らしなどの場合は多いかもしれませんね。引越しを自分でやろうと思ったときのいい点、悪い点などについても、ちょっと考えてみた方がよいかもしれませんね。最初に、自分で引越しを行うことのいいところはなんといっても、引越し屋さんの料金がいらなくなりますので、その分のお金がかからないで引越しができます。そして自分で引越しをしたほうが気分的に楽なこともあるかもしれません。引越し屋さんにやってもらう場合は、初めて会う引越し屋さんのスタッフに、あれこれと指示をしたりこちらが頼んでいるとはいえ、気を使ったりして全部おまかせで気楽に引越しできるわけでもありません。引越しを自分でする場合は、家族や友達同士で引越し作業をするわけですから、それなりに気楽に楽しく引越し作業ができるかもしれません。ただ、自分で引越し作業をやる場合は、メリットだけでなくこまったところもあります。引越し業者を使わない場合の困ったところは、後で考えてみると、かえってお金を多く使ってしまったということになってしまうかもしれません。仲間に引越し作業を手伝ってもらえば、食事代を出したりお礼をしたり、車もレンタカーなどで借りたりして、結局、引越し屋さんにやってもらうよりも高くついてしまったという話もよく聞きます。その他にも、自分達だけで引越し作業をする場合は、引越し屋さんのように、ちゃんと教育研修を受けたプロとは違いますから、いつもやっているわけでもありませんし、家具や荷物を傷つけてしまったり、トラブルもいろいろと発生するものです。なので、引越し業者を使わない方法は安く済む場合もありますが現実には、引越し業者を使った方が安かったということもあるので、そこらへんも考えたうえで決めるとよいかもしれません。

 

■引越しの手順
引越しはそう頻繁にするわけでないのでよくわからないですよね。まずは何からはじめたらよいのか・・・引っ越し作業の準備から後片付けまでをスムーズにこなすには、引越しをする日はいつにするのかそれに向けてどう準備をしていくのか、計画といいますのがしっかりできているかでスムーズな引越しができるかどうかのカギになります。引越しの段取りがしっかりと決まっていれば、無駄なお金や時間を使わずに、上手に引越しを済ませることができるでしょう。という訳で、引越しの手順の一番初めはしっかりと計画を立てることから始めます。引越しする日はいつにするのか、どこの引越し業者に頼むのか、だいたいの引越しの時間も考えておくことが必要です。引越しのプランをしっかりとつくっておくことで引越しがスムーズに済ますことができるかどうかは決まるのではないでしょうか。引越しの計画をつくったらそれから、いきなり荷造りを始めるのではなく、その前に、必要なものと持っていかない荷物を分けて必要ないものは整理するという荷物の量を少なくする下準備が必要です。ある程度荷物の処分ができれば荷造りも少ない時間でできます。不要なものは処分してからでないと、荷物の整理をしながら荷造りをしますから時間ばかりかかってしまいます。さっさと荷造りをしてしまうためには、ある程度のいらないものを処分することが大切です。さて、引越し当日には、荷物を運び出して、新し家への搬出作業、家具の配置や荷物の収納といった順に引越しの手順は進みます。また、引越し前にご近所への挨拶や引越し先への挨拶などなにかと大変なので、しっかり準備をしておきましょう。

 

■引越しの計画
引越しをスムーズに行うためには、計画をきちんと立てて行うことが一番大切ということができます。この引越しの計画がきちんと立てられていないと効率よく引越し作業ができません。段取りよく引越しをやってしまうためにも、前もって引越しの計画をしっかりしょう。例えば、いつ引越しをするかですが、引越しにも繁忙期があります。例えば月月は転職や入学、就職シーズンですから引越しが集中する時期で値段もアップしますし、アルバイトの作業員が多かったり引越し予定日に空いている引越し業者がなかったりします。ですから、引越しの日はできるだけ早めに決めておいてできるなら繁忙期はやめておくほうが賢明でしょう。その他、引越しをする時間についても、引越しをする時間帯は時間帯が遅くなれば遅くなるほど安い値段になることがありますので、引越しの予定を立てる場合には、引越しの時間についても考えてみましょう。ある程度の引越しの計画ができたら、まずは何社かの引越し会社に引越しの見積もりをしてもらいましょう。引越しの見積もりが終わって比べることで最も条件のよい引越し業者を選ぶことができますので、これである程度の引越しの計画が立つと思います。引越しを依頼する業者と日が決まってしまえば細かい部分はおのずと決まってくるかと思います。

 

■引越しの荷物の仕分
引越しの荷物はなるべく減らすのがいいですね。引越しというのはいらないものを処分する絶好のチャンスでもあります。また、荷造りを始める前に、事前にある程度持ち物の仕分をしておくことで荷造り作業もはかどると思います。例えば、洋服をまずは整理しましょう。ほとんど着ない洋服、古くて着なくなった洋服などを仕分けすることで荷造り作業にかかる時間も少なくなります。そして引越しの準備をしている際に不用品が出てきた場合には、どう処分をするのがいいか決めます。例えばリサイクルショップにもって行くのか、粗大ごみとして処分するにはどうするのか不用品の処分についてもあらかじめ仕分しておけば引越しの準備もスムーズに進むと思います。家電などの場合では、リサイクル法で業者に頼んでリサイクルに出してもらわなければいけないこともありますから、使用する家電もって行かない電化製品などの仕分も先にしておくといいかもしれません。引越しの荷造りを始める前に荷物の処分をしておくと荷物の量もだいぶ減っていると思いますので、荷造りの作業もはかどりますし、引越しをすることが決まったら、できるだけ早いうちに持っていくものを整理して、減らしておくのがよいです。

 

■引越しの荷造り
引越しの荷造りについて紹介したいと思います。引越しの荷造りの注意点としては梱包に注意しましょう。最近は梱包まで請け負う引越し業者もいますが、自分で引越しの荷造りの梱包を行う場合には、色々な注意点が梱包するものそれぞれのによってありますから、少し紹介したいと思います。皿やグラスなどワレモノの梱包の場合に、引越し業者に頼める場合であれば、割れ物は出来ればプロに任せるのがいいと思います。食器は強度によって梱包方法も違いますからそれに合った梱包をしてもらうことがプロなら出来ると思います。自分で食器の梱包をする場合ではプチプチシートなどを使うのがよいとおもいましょう。引越しの荷物には自分で持って行ったほうがいいものがあります。それはもしも無くなってしまったらたいへんなことになってしまうような貴重品などは自分で持って行くべき荷物になります。例えば高い宝石や時計など預金通帳、実印や株券、現金やキャッシュカード、有価証券や権利書なども自分で持っていくのが安全です。引越しの荷造りはできるだけどの荷物になにが入っているのかわかるようにダンボールにわかりやすく書いておいて、またどこの部屋に運ぶのか書いておくのが運び込んだ後で荷物を整理するのに便利です。

 

 

■引越しに必要な梱包グッズ
引越しの準備や引越し当日に必要になるものには何があるでしょう。荷物を梱包するあたりから準備を始めると思いますが、やはり、ダンボールは絶対に必要なものですね。ダンボール箱は必ずといってもいいほど引越しには必要ですが一体どれくらいの数の段ボール箱が必要になるのかというと、人家族の引越しで箱くらいは必要なのではないかというそうですから、そのくらいで考えておいてよいのではないでしょうか。ダンボールは、引越し専門業者ならだいたいどこでも、引越しをする前に、必要なだけ無料サービスしてくれますので、自分で用意するということはないかもしれません。また、ワレモノなどもあると思いますから、プチプチシートとかそういったものも必要です。これもわりとくれる引越し業者が多いですし、ワレモノを梱包するのにつかっておきましょう。それから、ワレモノを梱包する時には、新聞紙も要りますよね。食器類以外にも、新聞紙はなにかと梱包に必要になるので、多めに用意しておいてもよいとおもいます。そして段ボール箱を閉めるガムテープや紐もダンボールといっしょにくれる引越し業者が多いです。また、荷造りにはハサミやカッターナイフですとか軍手もあると便利です。そして、梱包した荷物に、引越し先のどの場所に運ぶのかわかるように書くためにマジックも一本もっておきましょう。

 

■引越しと防震
引越の時に地震対策をしておくというのはよいですよね。最近の引越し業者では、阪神大震災以降、引越し作業といっしょに防震対策をしてくれるサービスを行っているところがあります。地震対策などに色々なグッズの取扱が引越し業者にはあります。そのひとつとして引越し先で家具を配置した後に、地震の時に家具が倒れないようにする固定金具といったものもありますし、家具を置く場所の下に滑らないシートを敷いておくというグッズもあります。家具の配置を全て済ましてからでは、そういったものを下に敷こうというのは大変です。そういった金具やシートなどを探して買ってくるのも大変ですが、そのようなオプションを利用すれば、荷物を動かすついでにできるので便利で楽です。このようなサービスは、各引越し業者によって方法や使う対策グッズなどに違いがありますし、そのオプションの料金にも差があると思います。引越し会社のホームページなどで確認してみると地震対策のオプションや方法、料金などが、掲載されていると思いますからそれを見て確認をして比較してみるといいと思います。引越の際に地震対策もやっておくということは、できればやっておきたいことですね。引越し業者の方から必要以上に薦めるということはないと思いますから興味がある人は申し出てみるといいのではないでしょうか。

 

■引越しの各種手続き
引越しをする場合の電力、ガス水道などの手続きや電話の手続きについてちょっとメモしておきたいと思います。ところで、遠くに引越す場合には、新しい電話番号に変わりますので、引越しをする前に116番に連絡をして、電話の引越しの手続きを行っておくことが必要です。電力については、引越しが決まったら、電力会社に連絡をして、移転の手続きをしておきます。新居の方の電力会社にも、同じく、電話をして、申込み手続きをしておきます。ガスについても、窓口を調べて、同じく連絡をして、引越しのための手続きをしておきます。そして引越し先には引越しをする−日くらい前に引越し先のガス会社の窓口に電話して、申込みをしておくと、その日になったら、作業員が来て、点検などして、ガスが使えるようにしてもらいます。引越しの水道の手続きですが、電気やガスと同じく、引越し前に、電話をして、引越しの手続きをしておきます。引越したらすぐ水道がでるように、引越し先の手続きも同時にしておきます。だいたい引越しの際の手続きはこんなもんですが、引越しのこれらの手続きは、賃貸住宅に引っ越しをする場合には、不動産屋さんのほうでやってくれる場合もありますし、自分でライフラインや通信の手続きをする必要ない場合もあり、それに対して、新築物件に入居をするときは、これらの他にも必要な手続きをしておかなければいけない場合もあり、不動産の契約やライフラインの手続きの際に個々に確認しておく必要があります。

 

■引越しの色々な手続き
引越しの手続きもたくさんあるので、まいってしまいます。住民票の移転などの役所に届ける手続き以外にも、例えば、新聞の購読を契約している場合、また、金融機関などのすべての住所変更などもその他にも、保険もあります。住所変更の手続きなどをすることを忘れてはいけません。一般に、入っているのは、生命保険、自動車保険、火災保険や傷害保険、ガン保険とか、養老保険とかいろいろあったりしますので、そういったものも、全部住所変更の手続きが必要になりますね。そして、郵便局にも手続きをしておかなければいけませんね。郵便局に引越しをすることを伝える転居届けを出しておけば、以前引越しをする前の場所に郵便物が届いた場合には、一年間は、自動的に新しい住所に転送をしてくれるようになりますので、必ず、届を出しておくようにしなければいけませんね。それから、携帯電話なども住所変更しておかないといけないですし、インターネット回線も事前に引っ越しの手続きをしておけば、引越しをしてからすぐにインターネットを利用することが出来ます。

 

■横浜市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
横浜市役所 〒231-0017 横浜市中区港町1-1 TEL 045-671-2121 (代表)

 

【電力】
東京電力カスタマーセンター 0120-99-5771
泉区・戸塚区・栄区・港南区の一部は 0120-99-5775

 

【ガス】
東京ガスお客さまセンター 引越し専用ダイヤル
電話:0570-002230(ナビダイヤル)
月曜日〜土曜日9:00〜19:00
日曜日・祝日9:00〜17:00

 

【水道】
横浜市水道局お客さまサービスセンター
TEL 045-847-6262

 

■川崎市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
川崎市役所 〒210-8577川崎市川崎区宮本町1番地 電話:044-200-2111(代表) 

 

【電力】
東京電力カスタマーセンター 0120-99-5771

 

【ガス】
東京ガスお客さまセンター 引越し専用ダイヤル
電話:0570-002230(ナビダイヤル)
月曜日〜土曜日9:00〜19:00
日曜日・祝日9:00〜17:00

 

【水道】
川崎市上下水道局 上下水道お客さまセンター
電話番号 044-200-3548
受付時間 年中無休  8時30分〜20時

 

■相模原市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
相模原市役所 〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15
代表電話:042-754-1111

 

 

【電力】
東京電力カスタマーセンター 0120-99-5775

 

【ガス】
東京ガスお客さまセンター 引越し専用ダイヤル
電話:0570-002230(ナビダイヤル)
月曜日〜土曜日9:00〜19:00
日曜日・祝日9:00〜17:00

 

【水道】
神奈川県営水道お客さまコールセンター
0570−005959(ナビダイヤル)
ナビダイヤルをご利用できない場合は
045−345−1211
受付時間 月曜日から土曜日の8時30分から19時まで
(日曜日、国民の祝日(休日)及び年末年始(12月29日から1月3日まで)を除きます。)

 

 

神奈川県内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
神奈川県内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
神奈川県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
神奈川県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、神奈川県内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

もちろん引越しの費用は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

自際の引越し見積もりは、引越し先までの距離、
荷物の量、搬出・搬入のしやすさ、サービス内容
といったことによって違ってきます。
また、引越し業者によっても見積もりは違います。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■引越し当日
引越し当日の作業については、基本的に引越し業者に任せておけばよいのですが、自分たちは、全く何もしなくていいということでもありません。まずは、引越し業者に指示をしてあげることで、作業も効率よくにできるようになります。例えば大型家具などはまずは配置する場所を図にしてしっかりと説明しておけば、搬入、搬出作業も効率よくできると思います。また、図に描いておくということまではしなくても、現場で配置を指示してあげればスムーズに作業が進みます。引越しの当日は作業がスムーズに進むように、まずは当日のだいたいの時間的な予定の確認、引越しのトラックの駐車スペースなどの確認をしておけば段取りよく作業を進めることができます。万一特殊な荷物の搬送がある場合には、引越し業者に見積もりの際に確認をしてその引越し業者で運べない場合は、別の業者を手配しておく必要がありますのでそちらも引越しをする前に手配しておく必要がありますね。引越しの当日は荷物の搬出、搬入をすればいいと思っている人もいるかもしれませんが、決してそうではなく引越しのその日も色々とスタッフに指示を出したりといったように、引越しが効率よくに終わるように自分達でもスタッフのお手伝いもしなければいけないので色々と忙しいと思います。

 

■荷物の破損や紛失
引越しの荷物を壊してしまったらり、紛失について紹介したと思います。引越作業中に問題が発生しやすいのは荷物が破損していたり、無くしてしまったということは残念ながらあるようですね。作業員の人たちも、気を付けながら作業をしているわけですから、引越しのスタッフからしても、引越しの際におきる破損や紛失のトラブルは必ず防ぎたいと思っているはずです。問題が起きてしまわないようにするために、御者との間で確認をしておくことと、問題が発生した場合の対処方法について、引越し業者に聞いておくということは必ずしておいた方がよいでしょう。家具、ワレモノ、貴重品などの状態は梱包、運搬前の状態を把握しておく必要がありますし、家具などを運ぶ場合にも、立ち合いをするのがよいでしょう。それから、引越先が新築の場合でしたら、傷などを引越する前に確認しておいてもともと傷がある場所は、最初からチェックしておきましょう。家具などを新居に運んでから壊れていたり傷ついていたりしたら、その場で、引越し業者に対して言うことです。引越しの際についてしまった傷や破損で引越し業者が傷つけたり破損をした場合は一年以内の場合は保証をしてくれると思います。引越をする場合は、このような問題も起こることがありますので、少しでもトラブルを減らすためにも事前に確認をしておくとよいです。

 

■積み残し
引越の際の、荷物の積み残しのトラブルに関してですが、荷物がトラックに収まりきらなかったというケースはとてもよくあることだといわれています。その原因としては、インターネットで見積もりをする人が多くなっているので、その問題を引き起こしていることが多いようです。なぜオンライン見積もりと荷物の積み残しの理由になってしまうのかといいますと、依頼者側が入力をした荷物の内容は入力もれがあったりすることも多く、当日業者が乗ってきたトラックに積み切れなくなって、積み残しが発生してしまうという場合が多いようです。もしも引越しの当日に積み残しになってしまったときには別途、費用が発生することになることもあり、見積もりをもらったら、引越業者に対して、積み残しが起きてしまった場合その対処方法や料金について確認しておくと安心ではないでしょうか。もしも訪問見積もりをしていて、引越しの荷物の積み残しが起きてしまった場合にはそれは引越し業者が対処をする必要がありますので、別の便を用意するなどして運んでもらう必要があります。引越し業者との間で積み残しについてそれで業者とのトラブルになるならその引越し業者は悪質な引越し業者だったのかもしれませんね。通常は、良心的な引越し会社であれば、もし、荷物の積み残しがあっても何か手を講じて問題を解決するはずです。

 

■追加料金
引越の契約に関して追加料金というのは基本的にはありえない話です。基本的には、見積もりをした時にお互いに取決めした料金がすべてです。ですから引越しの当日に追加で料金が発生するといったことは通常は、ありえないのです。しかし、考えれっる場合では、見積もりの際の荷物の内容ですとか引越し先の前の道幅や搬入経路などが見積もりの際にはわからずに、追加料金が必要になる場合があります。正しい情報が伝わっていなくて、もし、当日業者が乗ってきたトラックに荷物を積み切れなければ、往復して輸送したり、別のトラックを手配したりして引越を終わらせる必要があります。見積もり時に正確に自分が伝えなかったことが原因で当日の作業内容に大きく追加が加わるような場合は、追加料金が必要になることもいたしかたないでしょう。また引越しの当日に引越し業者が家に行ったときに、まだ梱包ができていないので運べなくて、荷造りをほとんど引越し業者に手伝ってもらったような場合も追加の費用が必要になることもあります。追加で費用が必要になるケースというのも契約をする前には確認しておくとよいでしょう。引越の作業を予定通りに順調に進めるためにも、追加料金がかからないためにも、荷造りなど、引越しの準備は、前日まで済ましておくのがよいです。

 

■引越しのあいさつ
引越をするときの挨拶ってどんな感じかといいますと、引越をするときには、それまでのご近所様へのご挨拶というのは少なくても前日までにはしておくのがよいでしょう。引越しの日を伝えて引越し当日は荷物の運搬などで迷惑かけることを先に伝えておくのがよいかと思います。引越の挨拶をする理由としては、もちろん、今までのお礼もあるのですが、引越しの当日に迷惑をかけてしまうことになりますから、マンションなどの賃貸不動産に住んでいた人は管理人さんや大屋さんにも挨拶しておきましょう。通常の場合は円以内くらいで粗品などを選んで持っていったらよいと思います。引越した先でのあいさつは、両隣には、引越し当日に挨拶をすることが必要です。引越し先がマンションの場合には、引越しをしたら両隣以外にも、上下の部屋の人にも挨拶をしに行くのがいいですね。また、賃貸のアパートやマンションに引越するなら管理人さんや大家さんに挨拶しておくことも大切です。引越しの挨拶の時には洗剤や石鹸など邪魔にならないようなものがよいです。最近は、わりと、引越してきても挨拶などは特にせずに住んでいる人も多いようなのですが、引越しをする前にも何も挨拶もせずに引越しをする人が増えていますが、ふつう引越をしていく場合には、挨拶をしておくのが礼儀です。

 

 

 

神奈川県内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
神奈川県内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
神奈川県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
神奈川県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、神奈川県内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

もちろん引越しの費用は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

自際の引越し見積もりは、引越し先までの距離、
荷物の量、搬出・搬入のしやすさ、サービス内容
といったことによって違ってきます。
また、引越し業者によっても見積もりは違います。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド